アトピーの症状を改善するには保湿を行なうことが大事

女性

とても辛い症状

皮膚に起こる病気

女性

生まれたばかりの赤ちゃんがかかりやすい病気として、アトピーがあります。このアトピーとは、痒みのある湿疹が顔や全身にできてしまう病気です。とても痒いので、無意識に掻いてしまい苦しい思いをします。そもそも赤ちゃんは、大人と比較して、皮膚がとても薄いという特徴があります。なので、赤ちゃんの皮膚は非常に乾燥しやすく、バリア機能が弱くなっている状態です。したがって、外部からのほこりや細菌などの異物が侵入し易くなっています。また、乾燥した肌の角質層には隙間があるので、有害な物質が肌に容易に入り込めます。それが元で、炎症を引き起こしてアトピーになってしまうのです。赤ちゃんがアトピーになったら、すぐに病院での診察を受けて症状を改善する事が大事です。

有効とされる治療法

赤ちゃんのアトピーの症状を改善するには、ワセリンでのケアが有効です。このワセリンとは、顔、全身をケアすることができるスキンケア用品です。ワセリンには、肌に塗ると皮膚から水分が失われるのを防ぐ効果が有ります。そのため、乾燥するのを防ぎ、荒れた皮膚をしっとりと保湿してくれる作用が有ります。ワセリン以外の他のクリームには、界面活性剤が配合されています。界面活性剤には、有効成分を肌の奥へ届けるために角質層を壊す働きが有ります。なので、皮膚のバリア機能を弱めてしまうので、アトピーには良くないです。しかし、ワセリンは全く活性剤がないので、安心して改善のためのケアができます。ワセリンを塗るコツは、少量を薄く塗るようにすることです。多くの方は、保湿効果を得るために重ね塗りをしがちです。しかし、それでは逆に皮膚が乾燥してしまいます。なので、症状の改善には適度の量を塗るように気をつける事が大事です。